うたやの森イメージ
三の村

蓮田市広報大使 にゃんたぶぅ

  

のんたん、もりちぃ、たくまん(蓮田市出身)を中心に県内はもとより全国でも活躍するユニット。勝手に埼玉応援隊にも所属している。エコをテーマにした歌で歌楽谷の森フェスティバルでは第1回から参加し、抜群の歌唱力と繰り広げられるダンスでステージを盛り上げ、人気を不動のものとしている。

雅楽谷の森とは

蓮田市の市民が雅楽谷の森と呼ぶ周辺にある雅楽谷遺跡は埼玉県の縄文時代後期・晩期(約4000~2500年前)を代表する遺跡のひとつ。雅楽谷遺跡は元荒川から分岐した小さな谷に面した台地の上にあり、国立療養所東埼玉病院の病棟建設の際に発掘調査が行なわれ、竪穴住居跡や墓の跡や多量の縄文土器・石器が出土しました。 雅楽谷遺跡の特徴は、近年日本各地で発見され注目されている「環状盛土遺構(かんじょうもりどいこう)」が大変良い状態で残されている事。この環状盛土遺構とは縄文人が多量の土砂をドーナツ状に盛り上げたもので、雅楽谷遺跡のそれは差し渡し100mを超える大きな物です。この盛土の中からは土偶や石棒・耳飾りなどの珍しい遺物が多数出土しています。

雅楽谷の由来

雅楽谷遺跡に残る縄文時代の集落に住んでいた縄文時代の人々が収穫や猟の後に、黒浜の昔の人達が神々に感謝して宴を開いていたことから、そのあたりを「雅楽谷」と言うようになったとの事です。

黒浜貝塚とは

黒浜貝塚は、縄文時代前期中葉「黒浜式土器」の標式遺跡(ひょうしきいせき)・貝塚として著名で、平成18年7月28日に国指定史跡となった蓮田市の貝塚です。 黒浜式土器は以前に「蓮田式土器」と呼ばれていましたが、後の研究より「花積下層式土器」、「関山式土器」、「黒浜式土器」と細分され、その最終末に位置付けられました。 黒浜貝塚は、縄文時代前期関山式期末葉から黒浜式期を中心とした貝塚を伴う集落遺跡、北側谷部に向かって東西約50メートル、南北約40メートルにも及ぶ縄文人が行った大きな土木工事の「凹地状広場」を取囲むように、東西150メートル、南北95メートルの範囲に住居跡及び土坑群が展開。 この事から黒浜貝塚は典型的な縄文時代前期のモデル村と言うことが出来ます。 硬砂層と呼ばれる硬い石のような地層が崖に露呈していたと推測され、この硬砂ブロックをカキの着生・半養殖を目的とした着床材として利用していた事が斜面部には推定され非常に重要な研究成果が確認されています。

黒浜貝塚

パーク&ライド

雅楽谷の会場には、ゆったり止めて限定グッズをもらって得しちゃおう!

会場付近駐車場は、数に限りがあり非常に激しい渋滞が予想され、到着までにイライラ…。だったら車で広い駐車場に止めて無料バスで移動しちゃおう! パーク&ライド利用者には会場駐車場ではもらえない利用者限定グッズをプレゼント! 会場に行くまでの車中では蓮田市の大自然を満喫しながら雅楽谷遺跡へのタイムスリップを楽しもう!

カーナビをご利用の方は蓮田市黒浜4467又は黒浜中学校で検索の上ご来場ください。

ご利用時間 9:00~16:30 約10分間隔で運行

※会場からの最終便は16:20頃となります。
※交通事情により運行時間が変更になる場合がございます。
※13時前後は道路交通法により50分ほど運行を停止致します。ご了承ください。

Copyright© 2015 UtayanoMori All Rights Reserved.